上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます!
にしむらです。

資産価値の高いマイホームの続きのお話になります。
前回には貸せる価値の大切さを説明してました。

今回はさらに突っ込んだ話です。
ではどういう層に貸せる家が資産価値が高いのでしょうか?

それはズバリ。
①ファミリー層
②高所得層・富裕層です。

なぜならば広い面積の高級な空間が必要になるからです。
つまり家主にとっては付加価値があり広い空間を提供できることで
高い賃料を得る事が可能になります。
また高級なファミリー向け賃貸物件になりえる条件は
非常厳しく、ありとあらゆる条件を満たす必要がございます。
①交通的利便性
②商業的利便性
③生活/自然環境
④教育環境
⑤社会インフラの成熟性

高い値段で貸せる家とはいうものの
大半の要因はエリア(街)できまります。
不動産は街を選択基準として買い、借りる。これが鉄則です。

主にファミリーの賃貸層が賃貸をするパターンは二つあります。

A・不動産売買までのつなぎで賃貸を借りる
ほとんど場合の賃貸はこちらの要因になります。
住み慣れた地縁のあるエリアで結婚して間もない間はとりあえず賃貸をする。
どちらかというと賃貸をすることに消極的で、賃貸には極力お金を掛けない。
また購入まではお金を貯めるために賃貸をするという考えをする層です。
こういう層の賃貸エリアはある意味で庶民的なエリアといえます。


B.積極的に賃貸する。賃貸しか考えていない。

こちらは日ごろ仕事が忙しく高所得層/転勤族のサラリーマンが
時間を買うために職住近接が実現できるエリアで賃貸で探すケースです。
こういった層は交通や商業の利便性だけでなく、子育ての環境にも
意識が高いことから、教育・医療・自然環境も整った完全なエリアを探すという点
高い賃料をいとわない点、将来の不動産購入を前提としていない/もしくは
急がない点で前者とは全く異なります。
こういう賃貸層が好むエリアは高級な場所=資産価値が高いエリアとなります。

というところでファミリータイプ物件の賃料というのは
街のポテンシャリティ=物件の資産価値を示す有効な指標となります。
ここから「本当の地価」を見出すことができます。
ハイソなファミリーに好まれる街には、ただ単に買い物や移動が便利なだけではダメです。
繁華街に近すぎても教育環境としては好まれません。
また自然公園なども必要でしょう。

次回は京都市内のファミリータイプの賃貸分析をして
よい街、資産価値の高いエリアを見出したいと思います。
では!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/64-20cc1343
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。