上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちわ
にしむらです!

今回からは「資産性のある住宅」とは何かを数回に渡り
連載をしていきます。


早速ですが、みなさんには周知の事実かもしれませんが
ごく一般的なお金のお話をしておきます。


Aさんの場合

結婚したサラリーマンAさんは30歳で郊外の新興住宅街にある一戸建てXを
3500万円で買いました
Aさんは出来たお子さんと奥さんのために
毎日を汗をかいてせっせと働いて頑張って30年で無事ローンを払い終えました。

購入当時は6m道路に手入れの行き届いた公園、大型ショッピングセンター。
閑静な住宅街で魅力的に見えた郊外の新興住宅街。。
30年も経つと当時購入者がそのままお年寄りになり、
若者が入ってこない。魅力的な店舗が出来ない。
町にあまり活力がありません。

子供さんもみな独立して、大きな家が不要になったので
奥さんと相談の結果、年老いた親の面倒も見やすいし
Xを売却して便利な都会のマンションYに行こうと思いました。

そこで不動産業者に査定してもらうと一戸建てXは
なんと1300万円・・・
自己資金は退職金も入って2000万円ほどあるが
老後の資金も欲しいし。。困った。

こんな話がよくあります。。


分析

Aさんは3500万円のお家を購入するときに
3000万円の住宅ローンを30年でおよそ平均3%程度の金利でくんだ場合
さて35年間にいくらのお支払いをしているでしょうか?

実はおよそ融資金額に対しては1.5倍程度の支払い=4500万円ほどの
しております。
ですから住宅購入費としては諸経費も含めて5200万円
ほどの支払いをしているわけです。
恐ろしい話です。
事実Aさんは5200万円かけて購入した家を1300万円でしか
売却できないのです。
単純に3900万円の資産を失っている事になります。
またこれ以外にランニングコスト(固定資産税・都市計画税や住宅のメンテナンス代)
もかかってます。

であれば各ライフステージにおいて適度な立地の賃貸住宅に住んで
2LDKで9万円の賃貸を15年 4LDKで12万円の賃貸を15年住んだほうが
出費は少なかったわけです。

人みなそれぞれ価値観も多様かと思いますが
有事のときにお金に困ることがあると大変です。

結婚があれば出産・離婚そして病気・事故・親の介護・死別
いろんなことがあり、安定した状態、同じに場所に住んでいられるかどうかなんて
誰にも判りません。
そうならないためには資産性のある住宅を手に入れる必要があります。
では資産価値のある家とは何でしょうか?
次回に続きます!!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/60-6e83cb4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。