上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま
ども!にしむらです。
国土交通省より平成20年の公示価格が発表されました。

昨今の不動産価格は不動産投資のファンドに下支えされておられましたが
米国のサブプライムローンの崩壊の影響があり
ファンドは一転して撤退(売却)の構えです。

中核都市の地価上昇が利便のよい郊外ベッドタウンへ地価上昇が波及して
都道府県の平均値では変動率が上っておりますが
大都市圏商業地の地価上昇は鈍化しております。

実際には地価公示は1月現在のものであることから遅効性を指摘されております。
特に大型投資物件の不動産景気は全国的に鈍っているようです。

京都市の地価公示-概観
平均では住宅地で2~3%程度上昇、商業地は5%~10%程度の上昇幅であるが
昨年の伸びと比べるとかなりの鈍化が見られる。特に田の字の幹線道路の内側の急ブレーキは
昨年9月に施行された景観条例の影響が強いと考えられます。

高い地価上昇率を誇っている地点は

「商業地」 10~13%程度
・田の字地区の幹線道路沿い 
・阪急沿線の駅近隣(大宮・西院・西京極・桂) 
・JR京都駅界隈(北部・南部)
・祇園甲部(大和大路)/祇園町南側
・東山三条周辺
・清水寺周辺 

「住宅地」 5~7%程度
・地下鉄烏丸沿線近隣の住宅地域
(岩倉南部・松ヶ崎・上賀茂・小山・相国寺界隈・御所西・御所南・東西本願寺界隈)
・二条駅界隈
・阪急沿線界隈(大宮・西院・西京極・桂)
・下鴨
・岡崎南部
・高台寺界隈
・本町通界隈(京阪五条-七条近隣)

トレンドとしては予想されることですが
①旧市街地への回帰
②地下鉄/私鉄の駅近立地への集中
③観光地/史跡の近隣への選択

の動きが顕著です。
これらの地域の相場は以後高水準で推移するものと思われます。

地下鉄や阪急・京阪の交通機関の利便性・商業的利便性と
収益性のある立地が評価され店舗・企業及び人々が都心回帰へ移動をしており
それが評価されているものと思われます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/58-05ec3b8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。