上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちわ

にしむらです。

高級住宅地の連載のお話をしますね!
第3回は京都大学の東部で白川通今出川の北西部に
位置する高級住宅街、北白川小倉町をご紹介します。

洛外についてはどちらかというと市電の開通と同時に戦後開発された場所が
多いのですが、左京区の百万遍周辺は江戸時代に徳川の屋敷が置かれた
歴史のある場所で尾張徳川屋敷がそのまま京都大学になっております。

その北東で白川通りより西、疎水より東、
志賀越道より北側に閑静で区画のよい住宅街が広がっております。
道路も6m道路でゆとりがあります。
1つ1つの区画が大きく、和風邸宅やオシャレな外観の洋風住宅
高級感を漂わせております。
京都大学が近い事もあり、大学関係者の邸宅が多いのでしょう。
正面に見えているのは京都大学の人文科学研究所です。
IMG_1450s.jpg


この地域の歴史は実はもっと古く、集落跡があり無土器時代や
縄文時代の遺跡がよく発掘されるとのこと。
昔から住みよい環境だったに違いありません。

住宅地としての短観
「北白川小倉町」

高級感 ★★★★☆
利便性 ★★★☆
将来性 ★★★★
本来の相場 105~115万円/坪

高級感は特に言及することはありません。
誰もがあこがれる高貴な雰囲気があります。

利便性は商業的な利便性は白川通に東大路通に店舗が多いため
抜群に良いと思われます。スーパーは大国屋さんがあります。
オシャレなカフェやご飯やさんなどの店舗も若者人口が多いため
多く歩いての散策も非常に楽しい街です!
御影通、鞍馬口通を探索してみるのもよいでしょう。
田中高原町の多目的カフェ「PRINZ」は必見です。

環境も哲学の道、北白川疎水があり、緑が多く抜群によいです。
また大きな病院にも恵まれるでしょう。

唯一の問題はバス以外の公共交通機関までの駅が遠いこと。
京阪の出町柳まで歩くと20分近くかかります。
しかし北白川は京都の都心までの物理的距離が比較的近いので
良しとしましょう!自転車や原付があれば問題なしです。
将来の資産性についても有望だと予想されます。
現在では基本地価は100万円/坪を少し超えるくらいが目安になると考えています。



powered by 地図Z

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/51-f15edcf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。