上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は不動産売買の初歩です。

Q質問
さて、あなたのお家を一般市場で売買するときは
どのようにして売れる価格が決まるのでしょうか??
あなたは我が家の査定価格をどのように計算しますか?



ここで不動産価格の種類について説明します。

新聞でよく目にするのは
①公示価格
②基準値価格
③路線価(相続税評価額)

④固定資産税評価額です。

①公示価格は国土交通省が土地取引の指標を与えるために
全国の都市で標準値を選び1年に1回発表するものです。
(※これは新聞に掲載されます)
②基準値価格は①を補完する意味合いで都道府県が
一年に1回発表します
③路線価(相続税評価額)は相続時の財産評価や銀行の担保評価などに広く利用されます。路線価は道路ごとに値段が付いていますので
その道路に接道している宅地の広さを掛けると評価額になります。
詳しくは国税庁の路線価HP
http://www.rosenka.nta.go.jp/
④固定資産税評価額はご存知の通り、固定資産税を決めるために使われる価格です。市役所・区役所等で所有者が交付を受ける事が出来ます。

価格対比のために
①を100%とすると
②も100%
③は80%
④は70%といわれております。



さて最初の質問に戻りましょう
A答え
実は答えは上の4つのどれでもありません。
答えは⑤時価(市場価格)です。

だからあなたが不動産屋さんから売りたいと思っている不動産
(土地)を路線価や公示価格で買いましょう!
と言われた場合、上手く丸め込まれている可能性があります。


●一般的に、大都市圏の中心部や商業地、観光地になると路線価、
公示価格と時価の乖離が大きくなります。
覚えておいてください。

(都会) 路線価<公示価格<時価
(二流都市) 路線価<公示価格<=時価
(田舎) 時価<=路線価
(山)  時価<<路線価 もしくは売れない。。 


次回は時価の決まり方について説明していきます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/2-5a100090
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。