上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。
にしむらです。

私が京都で一度は泊まってみたい宿泊施設(旅館・ホテル)を紹介する
コーナーは第3回、第8位の紹介です。

京都はよいホテルが少ないと言われて久しいですが
個性派デザイナーズホテルを紹介します。

場所は寺町通り丸太町を下がったところ
下御霊神社のお向かい御所南の地にホテルはあります。

外観

お名前はザ・スクリーン。
角ばった幾何学的な造りの建物がいかにも
デザイナーズホテルを匂わせます。

しかし、もともとホテルであったわけではなくオフィスビルをリノベーションされたようです。

このホテルは自称セレクタブルホテルと宣伝されるのも納得。
13室の個室それぞれがすべて別々のデザイナーの手により
独特の感性でアートなリノベーションをされています。

その一端だけですが、ご紹介します。

エントランス
エントランスは人目の届かない地下に降りたところにある。
面白い設計です。


フロント
ロビーホールは画像からは判りませんが
地下に降りた容積で大空間を演出した吹き抜けになったおります。
日吉屋さん特注の和傘照明ですね。

m101[1] Room101(セミスイートルーム)は日本画の重鎮。中村哲叡さんのデザインです。
この部屋は外国人のクリエーターから評価がかなり高いようですね。

s103[1] Room103(スイートルーム)は企画から空間・家具など多領域に活躍されるAkiko Masuda by eager inc.さんのデザインです。

e201[1] Room201(エグゼクティブスイート)は新進気鋭の着物デザイナー、斉藤上太郎氏の西陣織を壁面に用いた個性的な部屋。


そして個室の基本仕様の高さにも驚かされます。


ベッドは関西圏初の7.5インチピロートップのハリウッドツインサイズ(シモンズ社製)を中心に用意。また、各種インテリアは心地よさの中に遊び心のあるものをセレクト。

一保堂のお茶 / 京都 柳苑「楽石」(HOTELオリジナルデザイン)
セパレートタイプ / ジャグジーバス(一部の部屋を除く)
シモンズ社製 7.5inchピロートップ ハリウッドツインサイズベット

KORRES NATURAL PRODUCTS(シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディバター・フェイス&ボディーソープ)ヘチマボディスポンジ
シューシャイン / ソーイングセット

42inch液晶テレビ / ネスプレッソ / i-pod dock / デスクライト(BIOLITE EON) / オーディオ&DVDプレイヤー(BOSE) / 電話機(アマダナ) / 体脂肪測定付体重計(オムロン社) / 空気清浄・加湿器(Venta) / 懐中電灯(MAGLITE) / PC充電機能付セーフティボックス(Dometic)/ ズボンプレッサー etc.

さすが!脱帽です。
よい音質で音楽がかけれたりするのも今やホテルの必須ですね。


ホテルの機能としては宿泊だけでなく飲食・宴会・ウェイディング・スパといったところも
きちっと抑えています。

ブロンロネリ
ここは館内にあるフレンチのお店「ブロン・ロネリ」。
お箸で召し上がる京風フレンチ。厳選された食材を大胆にアレンジしたお料理が鮮やかにテーブルを飾ります。


ウェディングは直接ザ・スクリーンさんにご相談することもできますが
ぐるなびさんなんかともタイアップされています。
チャペルやスカイバンケットなんかもあって機能は充実しております。

これだけ研ぎ澄まされた感性でデザインされたホテルは
京都には他にないと思います。
一度泊まりたいもんですね!

「ホテルData」

The Screen (ザ・スクリーン)

京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町 640-1
Tel:075-252-1113(代) Fax:075-252-1311
http://www.screen-hotel.jp/

宿泊料:約44,000~120,000円(2名あたり料金)

※宿泊料や諸条件の変更がある場合もございますので悪しからずご了承ください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/152-ff188a32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。