上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。
にしむらです。

みなさん!
京宿家ってご存知ですか?
八清が旅館業許可を取得できるように改装し一定のスキームによって稼動している
一棟貸しの町家のことです。


今回以降、旅館業のできる不動産の価値を研究してみたいと思います。
不動産の利用形態で一番期間の短いのが「宿泊」という行為になります。

「宿泊」はある意味、超短期の賃貸であり、貧富の差はあるにしても
理論的にはすべての世界中の人に開かれたマーケットです。
その対極にあるのは、所有=永住 というジャンルになるでしょう。

資産価値を論ずるのに賃貸ニーズから不動産を算定する収益還元法の
考え方が不動産査定の一般的手法になっております。

私が考えるに、世界経済のフラット化、グローバル化が進み、
誰でも気軽に個人旅行のできる昨今においては
超短期賃貸である宿泊のニーズがある立地というのは
限られた地縁のある人しか永住しない、田舎のローカルな立地の対極をなす
ポテンシャルの高い立地になるのだと思います。

そしてポテンシャルがあり安定性の高い究極に資産価値の高い立地というのは

宿泊、マンスリー、賃貸、別荘地、永住というすべてのカテゴリー
人気を博する街なのです。

ということで・・
賃料にとって代わって宿泊料の分析をすることは、
宿泊の施設・備品・料理・接客サービスの質という一部の不確定因子はあるにしても
大きなウェイトを占める立地のポテンシャルを明らかにすることに他なりません。

大規模なホテルから小型ホテル、老舗の有名旅館、民宿、ハチセの一棟貸し旅館、ペンション、ビレッジ
ゲストハウス、B&B、長期滞在型宿泊施設、そしてラブホテル?。。。

一人当たりの宿泊料の調査をしてまた報告をしたいと思います。

そうそう・・・
今度、8月21日から京宿家の外国人向けバージョン
町家レジデンスインという長期滞在型の宿泊施設をオープンします。
第一号の月輪こはく庵は便利な東福寺駅から徒歩6分。
8月20日まではプレオープンということで割引特価での体験宿泊が可能です。

http://www.kyoyadoya.jp/machiya-residence-inn/


いろいろ語りたいのですが、また次回にさせていただきます。笑
みなさん、是非ご利用してくださいね。

では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/146-b785836c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。