上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま

こんばんわ
にしむらです。

今回はプレジテント誌3月1日号の掲載の東京カンテイの全国主要駅の中古マンションの
価格・賃料データから京都の資産価値分析を行います。


まずは首都圏の様子を見てみましょう。
価格・賃料は70㎡換算での中古マンションの水準。
PERは価格と賃料の比率(価格÷賃料)で計算され、住宅地としての流通性や人気を示します。
変動率は2000年と2009年の価格の比較です。

首都圏2009年     
       価格(万円)  賃料(万円)  中古マンションPER 価格変動率(対2000年%)   
渋谷      6482       30.6       17.68           38
新宿      5107       26.3       16.21           26
表参道     7400       31,6       19.53           38

吉祥寺     4180       20.3       17.17           8.5            
八王子     2084       14.4       12.08          -8・5

横浜      3614       19.6       15.37           33
武蔵小杉    3971       20.0       16.59           25
新川崎     3434       15.5       18.44           3.0
鎌倉      3423       18.3       15.58           25

浦和      2550       14.0       15.20           2.8
所沢      2237       13.4       13.90          -0.3

新浦安     3421       15.0       19.04           16.2
千葉      1806       12.5       12.03           3,6      

柏       1652       9.8       14.05           10.1


次は京都を除関西圏(大阪・神戸)です。 
関西圏2009年     
       価格(万円)  賃料(万円) 中古マンションPER 価格変動率(対2000年%)   
大阪     4173         23.6        14.72           103.8
福島     3169         19.3        13.66           54.0
梅田     3413         19.6        14.48           38.40   
大阪天満宮 3323         19.8        13.98          -37.9
心斎橋    3436         16.6        17.30           33.00
肥後橋    2768         20,9        11.05           69.10
北浜     2203         21.4        8.56           -14.80
玉造     2593         16.7        12.90            5.7
帝塚山    2342         14.8        13.22           -11.0
茨木市    2326          9.8        19.86            1.3
高槻     2404         11.2        17.90            2,1
吹田     2351         13.7        14.34           -21.4
       
三宮     2425         17.7        11.42           -5.4
元町     3334         20.2        13.78           -0.7
住吉     2897         15.2        15.92            10.8
西宮     2641         13.3        16.56           -4.4
芦屋     2801         14.4        16.20            0.9
夙川     2788         13.9        16.72            4.7


最後に京都市内のデータをみてみましょう。

京都2009年 
       価格(万円)  賃料(万円) 中古マンションPER 価格変動率(対2000年%) 

(JR) 
京都     2929         16.2         15.06       19.1
二条     2330         12.7        15.24         13.7
(地下鉄烏丸線)
五条     2706         15.2        14.81        -2.6
四条     3478         17.5        16.60        41.1
烏丸御池   3329         17.9        15.52        12.6
丸太町    2881         14.7        16.28        5.1
今出川    2565         13.3        16.06        14.0
鞍馬口    2444         10.5        19.36       -1.7
北大路    2270         11.5        16.44        0.3
(地下鉄東西線)
二条城前   2782         14.0        16.51        10.4
京都市役所前 3854       19.1        16.80        23.7
東山       3734        14.4         21.67       11.8
(京阪電鉄)
伏見桃山   2443        12.4        16.44       23.8
清水五条   2413        14.6        13.79      -15.4
祇園四条   3444         15.2       18.82       14.2
神宮丸太町  3871       14.4        22.41       55.7
出町柳    2390         14.7         13.54       -11.8  
(JR東海道線)
山科     2432         12.6        16.07        5.5
西大路    1618         13.1        10.26        2・2
(阪急電鉄)
桂      1445         8.3         14.57       -18.3
西京極    1676         10.1        13.78        5.7
西院     2358         12.8        15.40        26.1
大宮     2407         14.2        14.14        1.1
烏丸     3722         19.3        16.09        11.3

これらのデータを眺めていると京都という立地の特性が良く判ります。
ヒト・モノ・カネすべてが首都圏に一極集中する東京の価格・賃料水準には遥かに及ばないが
流通価格の水準は非常に高いということが判る。
価格・賃料も首都圏でいけば・川崎・横浜といった東京区部近隣の衛星都市の水準です。
特にマンションPERが高いのは、流通量が需要と比べると少なく
価格が高い水準で安定している証拠です。

そして価格と賃料を兼ね備えた高い収益性を示すエリアが意外と広いことです。

なぜか大阪や神戸の中心部でPERが15以下と低いのは
投資のスタンスで買われることが多く、実需(住宅地としての人気)がやや弱い。
子育ての場所としてオフィス街・繁華街が不適切と見られるからに他なりません。

現に京都や神戸の山手、北摂エリアではPERが高い分布を示しています。

大阪では梅田-淀屋橋-心斎橋 の御堂筋ライン界隈のエリアだけが価格が高く
神戸では三宮-元町間のみでどちらかというと局所的に高いのはこのエリアだけで
あとは広く浅くの分布です。

京都では昨今は京都駅周辺の影響力が強くなっておりますが
四条-丸太町間の地下鉄烏丸線・鴨川のそばの京阪沿線は四条-丸太町間で特に価格水準が高く
祇園エリア住宅適性こそ無いが、観光地としてブランド化しており価格が際立って高いのです。

ゆうなれば核になるエリアが
交通インフラの中心でありハブになる京都駅
それよりも少し北にあり金融・経済・商業の中心地となる四条烏丸界隈
・観光・宿泊や保養地ニーズが高い東山・祇園界隈と3つあるようなものです。

そしてこの3エリアでは価格がこの10年で確実に上がってきております。

京都では景観条例などの規制でマンションの建築や流通物件量が抑制されていることが
高値止まりの一因ですが、今後の京都の経済価値・資産価値を予兆する
値動きであることは間違いないと思います。

京都はいまや日本中いや世界中から才能ある人、ゆとりある永住したい人や
旅行で短期滞在をする人が集まるコスモポリスになってきているのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/141-ce547cb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。