上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ

前回に引き続き賃料レイティングの話題です。

Aクラスのエリアでなぜそれだけ大きなキャッシュフローが
他のエリアと比べて動くのか?素朴な事象を考えます。

意外だった前々回の賃料レイティング1位の京極小学校区は
御所の東で寺町通広小路通より北で北端は相国寺の東側まで
縦に長いエリアになります。
ちなみに賃料レイティング2位は御所南小学校区
          4位は第四錦林小学校区

特にこのエリアに住む方を注目すれば
近くに大きな職場がゴロゴロあります。

・京都府立医科大学及び付属病院
・京都大学医学部及び薬学部
・京都御苑(宮内庁管轄の京都御所及び仙洞御所)
・同志社大学&同志社女子大学&同志社女子高校
・大本山相国寺
・京都地方法務局

さらに御所の西側には
・京都府庁
・京都府警察本部
・京都第二赤十字病院
・平安女学院大学&中学高校

御所の南側には
・京都地方裁判所
・京都市役所

これらすべては自治体の組織や京都では力のある大法人格です。
要は年収1000万円を楽に超えるような人がたくさんいるエリアなのです。

①市・府の上位職員、警察官といった公務員、大学教授など
②弁護士、司法書士、会計士、といった士業者
③医者・技師・薬剤師
④ベンチャー企業・外資系企業のアッパーミドルクラス

③④などは転勤が多いこと、会社からの住宅手当てもあることから
高い賃料の賃貸に糸目なく入居します。
年収1500万円であれば賃料25万円はたいしたことないでしょう。

そしてこのあたりに住めば職場に近いだけでなく

京都らしい自然環境:近くに京都御苑、鴨川がある
移動利便性:東に京阪電車、西に地下鉄烏丸線及び市バス
生活利便性:中心商業地まで近く公共施設、病院も多い
教育環境:人気の公立小中学校や私立小学校へのアクセス
趣味と遊び:カルチャー施設やおいしいダイニングカフェ、ライブハウスもたくさん

すべてを手中に収められる立地なのです。
利便性で時間を買えることで仕事やしたい趣味にいっそう没頭できる。
こんな経済現象が不動産マーケットで成立しているのです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naokin219.blog106.fc2.com/tb.php/120-e7abbd37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。